PCR検査なぜできない?(青森県と沖縄県の違い)

2020.09.13

お盆のニュース。。。東京から青森に帰省のためにPCR検査で陰性で無事帰省(コロナ差別ニュース)

お盆前に弊社も。。。東北各地へ日帰りや一週間での出張、国交省発注関連工事(復興道路他)のため、東北各地から2週間の行動記録と健康チェック???面倒くさいので弘前保健所に出張のためにPCR検査を要望したらNOでした。なぜ??

昨日の沖縄県(全国版)のニュースで病院の先生が夜の街のお店にPCR検査を推進要望に店に出向くひとりでも多くの人にPCR検査を。。。とテレビにて。

コロナ差別は地元のクリニックでも体験『医者が差別する弘前市』実は、我々は様々な病院に受診を受けていますが、二週間ルールを言われたのは初めてで『ショック』、、、青森市・弘前市の病院やクリニック・歯科医・耳鼻科・の中で初めての経験でした。

弊社も先日禁煙外来のために病院へ・・・ところが心無い一言『2週間弘前に居ない人はだめ、帰省して二週間後?』受診できず。

弊社毎週日々東北5県に出張、日帰りや2、3泊の出張。。もう一度、弘前の保健所に事情を話し県外に行くためにPCR検査をお願い。。。結果はダメ🙅。。。私たちは県外に行けないのでしょうか?沖縄県では積極的にPCR検査を推奨弘前は症状が出て専門機関に行ってから出ないとPCR検査してくれない?この不条理、保健所ごとに対応が違うことはかかりつけの病院からも聞いていますが。『絶句!』毎日、本社・支店の外で検温、消毒全身作業服も測量機器も、車両も東北各地の往来にコロナ差別を受けながら仕事してます。

また、コロナ差別は宿泊施設も泊まれず『お断りされる』

唯一救いは。。。昨日と今日。。。我が家の池に蓮が咲きました。

こんな小さな池に、メダカなどたくさんの生物と絶滅危機の草花各種、山桜もあり、ほっと一息。。。保健所の対応・説明が何もないまま不安な毎日で仕事してます。社員ひとり一人の行動記録と接触記録も三密も人混み避けて日々過ごしてくれたら幸いです。こんな気苦労も経営者の仕事ですかね???

業務内容
Business

お問い合わせ

お忙しい方の味方!迅速に対応します!

  • 0172-31-5655(弘前本社)
  • 0229-87-3955(宮城支店)