MMS(モービルマッピングシステム)による3次元計測

MMS

安全に、そして正確に

MMS(モービルマッピングシステム)は、カメラやGPS、レーザスキャナ、レーダー、オドメーター(車両移動補正装置)などを搭載した車両を走らせるだけで路面の形状や周辺の建物、標識、ガードレールなどの周辺状況、また路面文字やマンホールなどの細部に至るまで全てのデータを高精度で効率的に計測できるシステムです。

どこよりも早く!東北エリアで初めて実施走行の実績

自動車走行で高精度3次元データを取得し計測!

MMS(モービルマッピングシステム)実証走行しております

弊社はMMS(モービルマッピングシステム)の有用性に早くから着目し、アイサンテクノロジー株式会社と業務提携して東北エリアでは初めて最新機種の実施走行を行いました。
道路のみならず河川堤防造成工事土砂の集積計測構造物調査トンネル内空断面の計測ひび割れわだち掘りなど様々な周辺状況の計測を可能にします。

自動車を走行させるだけで、1秒間に3万以上の座標データを取得して、高精度な3次元データを取得・計測が可能です。

北村技術のMMS 3つの特徴!

MMSなら走らせるだけでココまでできる!

1秒に3万個以上!3D点群データ取得・さまざまな角度から情報分析
  • カメラを3台搭載しているので様々な角度からの分析が可能!
  • 点群データと実際の映像・写真を同時比較、データ上で任意の2点間の距離を測定
  • 道路とその周囲の情報を、驚くほど立体的に分析

高精度な情報を効率的に取得することができ、
人件費を含むコスト削減へと繋がります。


1度データ取得するとPC上で後からでも分析可能!

周辺環境などの縦断図・横断図も作成可能
  • PC上でバーチャルにその周辺の情報をさまざまな角度から分析可能
  • 操作も簡単、任意の複数個所の横断データを一覧表示

時間と人員を割いて行っていた測量業務が、現場へ出かけることなく
お手軽に行えるようになります。


短時間で安全に取得可能なので様々な場面で活躍中!

車両を降りずに走らせるだけで測量ができるため、危険な場所でも安全、かつ短時間での測量が可能です。

設計・建設コンサルタント関連
道路、平面計測調査真トンネル内空断面計測測量
  • オーバーレイ
  • 道路、平面計測調査
  • トンネル内空断面計測
  • 景観調査
  • 概略設計
  • 標高調査
  • 高速道路計測
  • 法面点検
  • 空港内滑走路 ...など
災害・防災関連
災害・防災関連
  • 災害調査
  • 復興支援
  • ひび割れ
  • 路面割れ ...など
インフラ関連
インフラ関連
  • 景観管理
  • 電柱電線計測
  • 地上高調査
  • 防護柵...など
その他
その他 計測測量
自動車産業
3D仮想空間における自動車走行シミュレーションなど
警察
標識の位置調査や高さ・視認状況の確認など
地図業界
白線・縁石を自動抽出するアプリケーションの開発など

東北全域から北関東をカバー!弊社の計測実績

東日本大震災以降の
路面災害復旧でもいち早く活躍。

2011年の東日本大震災以降、路面災害復旧のため東北自動車道をはじめとする常磐道、北関東道、三陸道、山形中央道など、のべ700kmの測量実績がございます。2013年からは東北道管内で路面調査、構造物調査、トンネル内空断面計測などでMMSによる計測を行っております。
MMS(モービルマッピングシステム)の実績を見る

弊社の主なMMS計測実績

工事名走行距離
(国交省)路面調査 東北道、常磐道、磐越道他全11件 704km
(東日本高速道 NEXCO)構造物調査 東北自動車道管内 100km
(東日本高速道 NEXCO)トンネル内空断面計測 国道115号線トンネル 0.2km
(東日本高速道 NEXCO)三陸道管内舗装修繕工事 MMS計測 30km
(東日本高速道 NEXCO)磐越道 いわきJC~小野間舗装補修工事 30km
(東日本高速道 NEXCO)磐越自動車道 郡山管内(上り線)  舗装災害復旧 50km
(東日本高速道 NEXCO)東北自動車道 古川管内 舗装災害復旧 構造物調査 80km
(東日本高速道 NEXCO)常磐自動車道 いわき管内 舗装災害復旧 100km
(東日本高速道 NEXCO)東北中央自動車道 山形管内 舗装災害復旧 54km
(東日本高速道 NEXCO)東北自動車道 郡山管内舗装災害復旧 60km
(東日本高速道 NEXCO)東北自動車道 仙台管内 舗装災害復旧 100km
(東日本高速道 NEXCO)磐越自動車道 郡山管内(下り線) 舗装災害復旧 50km
(東日本高速道 NEXCO)北関東自動車道 宇都宮管内舗装災害本復旧 40km
(東日本高速道 NEXCO)常磐自動車道 水戸~那珂間舗装災害復旧 40km

測量と丁張設置のお問い合わせはこちら

「MMSって何?」「3次元の地図情報を取得して、どんなことができるの?」 そんな方は、ぜひ北村技術までご相談を。 土日祝日も対応!お電話でもお問い合わせください。Tel:0172-31-5655 お気軽にお問い合わせください。

私たちが対応いたします
土木・測量統括課長 内山孝瀬
測量部班長 村上真臣
土木・測量班長 佐々木大和
建設ICT班長 佐藤徹哉

測量一覧

土木・建築工事測量 各種丁張設置 MMSによる3次元計測

その他、建設事業のあらゆる業務に対応!こちらからご覧ください。

i-Construction 一貫した3次元データの活用で生産性向上を目指します
国土交通省が推進するi-Constructionについては弊社へご相談ください。

道路橋関連資料の保存要領(案)、道路橋維持管理資料作成について

道路施設台帳、道路工事完成平面図・縦断図、CAD図面(CAD製図基準案準拠)など

情報化施工(TS出来形)

作業計画作成、設計データ、現地計測、帳票出力など

現場技術者派遣
土木測量、工事丁張、出来形管理、写真管理、CAD図面作成、数量算出、電子納品など着工から完成まで土木技術者が対応

測量

スキャナーによる3次元計測
路面形状計測、ボリューム計測、構造物調査、災害調査・事故調査、河川・ダム・堤防計測、トンネルの内空断面計測など
MMSによる3次元計測
高精度3次元地図計測、道路路面計測(平面、縦横断図作成)、トンネル内空断面計測、凍上災路面調査(ひび割れ、わだち掘れ調査)、構造物調査(標識・防護柵・マンホール)など
公共測量(GPS測量)
国交省・防衛局・農政局など各官公庁、鉄道・運輸機構(JRTT)・都市再生機構(UR)など各機構・東日本高速道路(NEXCO)・地方自治体など公共測量全般
土木・建築工事測量
既知基準点・中心線の点検、基準点の新設及び仮BM設置測量、地形測量、縦横断測量など、建設工事に関わる基本測量全般。
各種丁張設置
河川工事、道路工事、ダム工事、トンネル工事、新幹線工事、災害復旧工事、その他造成工事、各種構造物など

CALS/EC

工事情報共有システム(ASP)活用支援
工事帳票・施工状況・スケジュールの共有・効率化、検査書類・電子成果品の作成など
電子納品作成
国交省・防衛局・農政局など各官公庁、鉄道・運輸機構(JRTT)など各機構、東日本高速道路(NEXCO)・下水道事業団(JS)・土地区画整理組合・地方自治体など東北実績NO.1
道路工事完成図等作成
完成平面図、完成縦断図を含む要領で定義する完成図、工事施設帳票(道路施設基本データ)
情報化施工技術の取組
一般化に向けた情報化施工技術(マシンガイダンス技術、マシンコントロール技術、TSを用いた出来形管理技術、TS・GNSSによる締固め管理技術など)の推進

施工管理支援

図面作成業務
完成平面図、完成縦断図、工事施設帳票(道路施設基本データ)、変更図面、完成図面、CAD図面全般

土木設計(照査)・各種調査・申請業務

土木設計・各種調査・申請業務
(照査・検討)、上下水道設計、施工計画図面作成、地質調査、土質試験、水質調査、振動調査、24条申請、32条申請、開発計画など
ページの一番上に戻る