陸奥新報・愛成園へ卒園旅行

2018.03.03

今回で5年目、愛成園とのボーリング大会や焼肉や出店なども10年目、部活動支援金も5年目、愛成園とのかかわりも平成4年からでもう26年(途中2~3年途絶えた?)になります。

創設者、佐々木五三郎さまの本を読み『感銘』少しでもお役にたちたい、その一心でここまで続けてきました。平成初期は海にもスキーにも行きました。会社のバーベキューにも園に迎えに行って行いました。キャンプも行きました。

あの当時の子はもう30歳過ぎてますね~!

『貧富の差が学力の差に』なっていますよ。。。今の世の中!

この子達には、学力よりも知識よりもまず『愛情です』ギュッと抱きしめてあげる大人の優しさが必要です。机に座って考えているだけのお役人や教員じゃなく、心と心、肌と肌、の付き合いをできる大人たちの愛情に飢えているのです。

!抱きしめてあげましょう!自分の子のように!

お金や物を思ってくる、出す、って言う団体・企業・はたくさんいるでしょう?でも私は児童養護施設弘前愛成園の子供たちとこれからもこころとこころ・肌と肌の付き合いをしたいと思います。卒園の記念にほんの少しですが行きたかったディズニーランドへ行ってらっしゃい。

『辛くなったら、帰っておいで』・・・『世の中が嫌になったらここへおいで』

生きることを『諦めないで』。。。私はいつでも愛成園の子供たちを見ています。思っています。あなた方が私の生きる糧ですよ。『ともに生きよう』そして頑張ろう、

最後に『みんな・幸せにな~れ!』

業務内容
Business

お問い合わせ

お忙しい方の味方!迅速に対応します!

  • 0172-31-5655(弘前本社)
  • 0229-87-3955(宮城事業所)