仙台 建設新聞(建設新聞社)

2018.03.05

今回で5回目、ボーリング、焼肉で10年目、

実は平成4年から会社の事務員さんの子供と同級生(愛成園)何人か居て会社のキャンプや焼き肉やボーリングや海へも何年もつれて歩きましたね~!

お帰り!『偶然でした』

運動会には事務員さんに弁当まで作らせた記憶があります。7~8年続きましたかね?!

平成19年ころからまた再開したのが焼き肉・ボーリング大会・出店でした。

毎年、子供たちの喜ぶ姿のために行っています。

以前は新聞等は嫌いでしたが、前理事長(現三浦会長)よりもっとメディアに出て社会福祉活動を宣伝してくださいとのことから積極的にメディアに出ることにしました。

前園長の佐々木健(現教育長)のアドバイスもあり、部活支援(道具・練習着等)や園で必要な子どたちの自転車や大学進学支援なども行うことになりました。

この子達に必要なこと?。。。学業ではなく、大人の愛情・信頼関係の構築・そして私が大切にしていることはキュッと抱きしめてあげることではないでしょうか?こころとこころ、遊びにしても真剣に遊ぶ、怒るときはちゃんと叱る、これからも子供たちの健全な成長に少しでもお役にたてれば幸いです。

こうして新聞紙上で取り上げ頂くことに『感謝です』ありがとうございます。

新、佐々木理事長へも協力してまいります。創業者佐々木五三郎の全私財をはたいて孤児のために生涯を注いだ創業者の爪の垢程度でも協力できれば幸いです。ともに生きる勇気を。

愛成園の子供たちへ。。。『ともに生きよう!』。だから君たちも生き抜こう、嫌になったらここにおいで・・・北村が待ってます。

一昨年の入院の時も7月8月でお盆の納涼会(出店)も子供たちから社長が退院してからでいいと言われたことが今でもうれしい思い出です。

貧富の差が学歴の差になっている今の世の中、家柄でも親の年収でも子供の学歴の差になっています。みんなが弱者に目を向けてください。

ひとりの力は小さいけれどみんなで結集すれば大きな力となります。誰かの役に立つに人へ、誰かの役に立つ企業へ。

よろしくお願いします。

業務内容
Business

お問い合わせ

お忙しい方の味方!迅速に対応します!

  • 0172-31-5655(弘前本社)
  • 0229-87-3955(宮城事業所)