なんにでも『やばい!』日本語じゃない!芸能人の言葉遣いが悪い

2019.03.29

春らしくなってきましたね!本社の花壇にも少しずつ花が咲き始めました。

最近テレビではバナナマン日村の食べ歩き番組・・・地元の人が美味しい店の紹介をする番組『せっかく○○に来たんだから○○食べて行ってけれ!』・・・よく見ますが?日村さん何を食べても『やばい!』

1、成功しても『やばい』

1、失敗しても『やばい』

1、危なくても『やばい!』

1、忙しくても『やばい!』

1、美味しくても『やばい!』

1、まずくても『やばい!』

1、楽しくても『やばい!』

1、苦しくても『やばい!』

1、びっくりしても『やばい!』

1、哀しくても『やばい!』

1、辛くても『やばい!』

1、感動しても『やばい!』

1、食べても・飲んでも・仕事しても・何をやっても『やばい!』。。。。ってなんなんですか?この意味?この使い方?

世の中なんでも『やばい!』で済ませる日本語?変でしょう?・・・・芸能人の『やばい!』と食事の時に帽子をかぶって食べる姿が非常識で『やばい!』でしょう。

っていう私も昨年15年来の付き合いの東北支店X建設支店長と午後一打ち合わせで食後に匂い消し用にガムを噛んでそのまま入ってしまい親しき中にも無礼じゃ・・・と叱責されました。最近も食後に同じようなミスをしてしまいX設備電気オーナーから叱責出禁状態です。『反省しきり』・・・たった一回のミスが我々は大きな損失につながります。

たったひとつの言葉・ひとつの態度・ひとつの挨拶・ひとつの顔つき・ひとつの気持ち・・・大切にしましょう。気を付けましょう。

辞めましょう『やばい!だけの日本語は!』・・・危険です。。。。やばい!

お問い合わせ

お忙しい方の味方!迅速に対応します!

  • 0172-31-5655(弘前本社)
  • 0229-87-3955(宮城事業所)