CIM(3次元モデル)活用工事

CIMは、2012年に国土交通省から提言された取り組みで、調査設計段階から3次元モデルを導入し、施工・維持管理の各段階で3次元モデルに連携・発展させることで、生産性の向上を目的としています。

弊社では、国土交通省から発表された「CIM導入ガイドライン(案)」をもとに、CIM実施計画書の作成から成果品の作成まで対応しております!

国土交通省の目標

国土交通省は、2025年度までにCIM(3次元モデル)活用工事の原則化を目指し、下記を目標にしています。

  1. 効果が期待される新規事業へのCIM(3次元モデル)の導入…2017年~開始
  2. 更なる導入推進を目指し、基準の整備・システム開発の促進…2017年~2020年(※目標)
  3. CIM(3次元モデル)を用いた維持管理の平準化…~2025年(※目標)

CIM(3次元モデル)活用工事の流れ

i-constructionによる工程一括管理

業務内容
Business

CIM(3次元モデル)を活用したi-Constructionにおける全ての工程に対応します!

測量
施工管理支援
土木設計/調査/申請
CALS/EC

建設ICTを統合したi-Constructionにおける全ての工程に対応しております!

業務内容

業務内容

UAVやレーザースキャナーを使用した測量業務から施工管理、図面作成など土木工事現場におけるあらゆる業務の対応可能!

技術指導

技術指導

国土交通省が推奨する新技術を積極的に導入し、技術指導にも対応しております!